絶対値:2つの意味と具体例

絶対値の意味
考え方I: $0$ からの距離
考え方II: 符号(プラス、マイナス)をなくしたもの

絶対値は中学数学の最初に習います。二つの考え方はどちらも同じです。分かりやすい方で覚えてください。

具体例

(1) $3$ の絶対値を求めよ。
(2) $-7$ の絶対値を求めよ。
(3) $0$ の絶対値を求めよ。

解答

(1)
考え方I: 数直線上において $3$ と $0$ の距離は $3$ なので、$3$ の絶対値は $3$ です。
考え方II: $+3$ の符号をなくしても $3$ のままなので、$3$ の絶対値は $3$ です。

絶対値と数直線

(2)
考え方I: 数直線上において $-7$ と $0$ の距離は $7$ なので、$-7$ の絶対値は $7$ です。
考え方II: $-3$ の符号をなくすと $7$ になるので、$-7$ の絶対値は $7$ です。

(3)
考え方I: 数直線上において $0$ と $0$ の距離は $0$ なので、$0$ の絶対値は $0$ です。
考え方II: $0$ の符号をなくしても $0$ のままなので、$0$ の絶対値は $0$ です。

次:ルート2、ルート3、ルート5…ルート30の値と語呂合わせ
前:万、億、兆、京の先と大きい数の例

スポンサーリンク

スポンサーリンク

誤植がございましたら @mathwordsnet までご連絡をお願いいたします。
ページ上部へ戻る