電圧V、電流I、抵抗Rを求める方法と計算ツール

オームの法則 $V=IR$ を使って電圧 $V$電流 $I$抵抗 $R$ をそれぞれ求める方法と計算ツールを紹介します。

オームの法則とは

電圧 $V$電流 $I$$\times$抵抗 $R$
という関係式をオームの法則と言います。

オームの法則を使うと、電圧、電流、抵抗のうち2つが分かれば残りの1つを計算することができます。

電圧 V を計算する方法とツール

電圧を計算したいときは、
電圧 $V$電流 $I$$\times$抵抗 $R$
という式を使います。

例えば、電流が2Aで、抵抗値が3Ωの場合、電圧は、
$V=I\times R\\
=2\times 3\\
=6$
つまり6ボルトになります。

電圧の単位はV(ボルト)、電流の単位はA(アンペア)、抵抗値の単位はΩ(オーム)です。

電圧を計算するツールです。電流抵抗値を入力してから「電圧を計算する」ボタンを押してください。
電流A
抵抗値Ω
電圧V

電流 I を計算する方法とツール

電流を計算したいときは、
電流 $I$電圧 $V$$\div$抵抗 $R$
という式を使います。

例えば、電圧が6Vで、抵抗値が3Ωの場合、電流は、
$I=V\div R\\
=6\div 3\\
=2$
つまり2アンペアになります。

電流を計算するツールです。電圧抵抗値を入力してから「電流を計算する」ボタンを押してください。
電圧V
抵抗値Ω
電流A

抵抗 R を計算する方法とツール

抵抗を計算したいときは、
抵抗 $R$電圧 $V$$\div$電流 $I$
という式を使います。

例えば、電圧が6Vで、電流が2Aの場合、抵抗値は、
$R=V\div I\\
=6\div 2\\
=3$
つまり3オームになります。

抵抗値を計算するツールです。電圧電流を入力してから「抵抗値を計算する」ボタンを押してください。
電圧V
電流A
抵抗値Ω

関連する計算

・電流、電圧、抵抗のうち2つが分かれば消費電力(ワット)を計算することもできます。
消費電力(ワット)を計算する3つの方法(電流、電圧、抵抗から)

・抵抗が1つの場合はオームの法則で計算できましたが、抵抗が複数ある場合には、合成抵抗の値を計算する必要があります。
合成抵抗の計算方法とツール(直列接続、並列接続)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

誤植がございましたら @mathwordsnet までご連絡をお願いいたします。
ページ上部へ戻る