小数点以下切り捨て、切り上げ、四捨五入の意味といろいろな例

切り捨て、切り上げ、四捨五入のいろいろな例です。「小数第二位以下四捨五入」「小数第三位以下四捨五入」なども。

小数点以下切り捨て

小数点以下を全てなくすことです。

例:
$1.23\to 1$

$24.681\to 24$

$422.000000001\to 422$
(たくさん並んでいても全て捨てます)

$2.9999999\to 2$
($9$ が並んでいても切り捨てます)

$32\to 32$
(整数はそのままです)

小数点以下切り上げ

小数部分が少しでもあれば切り上げます。

例:
$1.23\to 2$

$24.681\to 25$

$422.000000001\to 423$
(小数部分がほんの少しでもあれば切り上げます)

$2.9999999\to 3$

$32\to 32$
(整数はそのままです)

小数点以下四捨五入

小数第一位(小数点の右どなりの数字)が $0,1,2,3,4$ のいずれかなら切り捨て、$5,6,7,8,9$ のいずれかなら切り上げます。

例:
$1.23\to 1$
(小数第一位が $2$ なので切り捨てます)

$24.681\to 25$
(小数第一位が $6$ なので切り上げます)

$422.000000001\to 422$
(小数第一位が $0$ なので切り捨てます)

$2.9999999\to 3$
(小数第一位が $9$ なので切り上げます)

$32\to 32$
(整数はそのままです)

小数第二位を四捨五入

小数第二位が $0,1,2,3,4$ のいずれかなら切り捨て、$5,6,7,8,9$ のいずれかなら切り上げます。

例:
$1.23\to 1.2$
(小数第二位が $3$ なので切り捨てます)

$24.6\to 24.6$
(小数第一位までしかない場合はそのままです)

$422.000000001\to 422.0\to 422$
(小数第二位が $0$ なので切り捨てます。切り捨てた後、末尾に $0$ が残りますが、これは書かなくてもよいです)

$2.9999999\to 3.0\to 3$
(小数第二位が $9$ なので切り上げます。切り上げた後、末尾に $0$ が残りますが、これは書かなくてもよいです)

$32\to 32$
(整数はそのままです)

小数第三位を四捨五入

小数第三位が $0,1,2,3,4$ のいずれかなら切り捨て、$5,6,7,8,9$ のいずれかなら切り上げます。

例:
$24.681\to 24.68$
(小数第三位が $1$ なので切り捨てます)

$24.608\to 24.61$
(小数第三位が $8$ なので切り上げます)

$1.23\to 1.23$
(小数第二位までしかない場合はそのままです)

$422.000000001\to 422.00\to 422$
(小数第三位が $0$ なので切り捨てます。切り捨てた後、末尾に $0$ が残りますが、これは書かなくてもよいです)

$2.8999999\to 2.90\to 2.9$
(小数第三位が $9$ なので切り上げます。切り上げた後、末尾に $0$ が残りますが、これは書かなくてもよいです)

$32\to 32$
(整数もそのままです)

次:逆数の意味と求め方
前:概数の意味と、概数で表す様々な方法の使い分け

スポンサーリンク

スポンサーリンク

誤植がございましたら @mathwordsnet までご連絡をお願いいたします。
ページ上部へ戻る