勝率の計算方法と計算ツール、まめ知識

勝率の計算方法と計算ツールを紹介します。

勝率の計算方法(引き分け無し)

勝率は、
勝った数 $\div$ 勝負した数
で計算できます。

例1:
$40$ 試合勝負して、そのうち $30$ 試合勝利したときの勝率を計算してみましょう。

勝率は、$30\div 40=0.75$
つまり、$75$%になります。

例2:
$15$ 試合勝利して、$35$ 試合敗北したときの勝率を計算してみましょう。

勝負した数は、全部で $15+35=50$ 試合です。よって、勝率は
$15\div 50=0.3$
つまり、$30$%になります。

引き分けがある場合

勝率を計算する際には、引き分けを除いて考えることが多いです。プロ野球などの勝率は引き分けを除いて計算されています。

例3:
$10$ 回勝利して、$10$ 回敗北して、$5$ 回引き分けの場合の勝率を計算してみましょう。

引き分けを無視して考える立場では、$5$ 回の引き分けを無視して、勝負した数は $10+10=20$ です。
よって、勝率は
$10\div 20=0.5$
つまり、$50$%になります。

引き分けを無視せずに、勝負した数を $10+10+5=25$ として計算すると、勝率は $40$%になります。「引き分けも無視せず勝利に含めない」という立場を明確にすれば、この計算の仕方もOKです。

勝率計算ツール

勝った回数と負けた回数を入力してから「勝率を計算する」ボタンを押してください。
勝った回数:
負けた回数:
勝率(パーセント):

まめ知識

勝率は試合数が増えてくると、あまり変化しなくなってきます。

例えば、1勝1敗の人も100勝100敗の人も勝率は $50$%ですが、次に勝てば
・1勝1敗の人は勝率約 $66.7$%まで一気に上がる
・100勝100敗の人は勝率約 $50.2$%までしか上がらない

勝率が高い人は、1回負けると勝率が一気に下がります。上げるのが大変です。

例えば、9勝1敗の人は、次に勝っても勝率が1%くらいしか上がりません($90$%から約 $91$%)。
一方、1勝9敗の人は、次に勝てば勝率が8%以上も上がります($10$%から約 $18$%)。

次回は 2倍希釈、3倍希釈などの計算方法と早見表 を解説します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

学校では教えてくれない点数アップ5つの作戦
具体例で学ぶ数学の作成者が、数学の勉強法について徹底的にまとめました。

誤植がございましたら @mathwordsnet までご連絡をお願いいたします。
ページ上部へ戻る