四捨五入の意味と例

四捨五入のやり方:
$0,1,2,3,4$ のどれかなら切り捨て
$5,6,7,8,9$ のどれかなら切り上げ

四捨五入の例

$26$ を四捨五入すると?
$1$ の位は $6$ なので切り上げると、$30$

$173$ を四捨五入すると?
・$1$ の位で四捨五入する場合、$3$ なので切り捨てると $170$
・$10$ の位で四捨五入する場合、$7$ なので切り上げると $200$
となります。

$1993$ を四捨五入すると?
・$1$ の位で四捨五入する場合、$3$ なので切り捨てると $1990$
・$10$ の位で四捨五入する場合、$9$ なので切り上げると $2000$
・$100$ の位で四捨五入する場合、$9$ なので切り上げると $2000$
となります。繰り上がりが起こるため、$10$ の位で四捨五入する場合と $100$ の位で四捨五入する場合の結果が同じになっています。

このように、四捨五入は、どのケタに注目して行うのかによって結果が違います。

小数点以下を四捨五入する

$123.46$ の小数点以下を四捨五入すると?
小数第一位は $4$ なので切り捨てると、$123.00$
つまり、$123$
(「小数点以下を四捨五入する」というのは「小数第一位で四捨五入する」というのと同じです)

$123.46$ の小数点第二位以下を四捨五入すると?
小数第二位は $6$ なので切り上げると、$123.50$
つまり、$123.5$

$3.1415926535$ の小数点第三位以下を四捨五入すると?
小数第三位は $1$ なので切り捨てると$3.14$
(注:円周率のおおよその値です)

四捨五入がどうして必要なのか?

正しい数字をきちんと求めるべきとき
概数(おおよその値)が素早くわかればよいときがあります。

四捨五入は概数が素早くわかればよいときに活躍します。

例えば、円周率のきちんとした値は
$3.1415926535…$
といつまでも続きますが、これを四捨五入した値
$3.14$
を使うことで、円の面積のおおよその値を計算することができます。

次:概数の意味と、概数で表す様々な方法の使い分け
前:2桁どうしのかけ算を暗算で素早くする方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

誤植がございましたら @mathwordsnet までご連絡をお願いいたします。
ページ上部へ戻る