線分、直線、半直線の意味と違い

線分直線半直線はどれも「まっすぐな線」ですが、違いがあります。

線分、直線、半直線の違い

このページでは、線分直線半直線の意味と違いについて詳しく解説します。

線分とは

線分とは2点を結ぶ(端が2つある)まっすぐな線のことです。
線分ABの意味

2点A、Bを結ぶ線分のことを線分ABと書きます。

線分では、両端から線が突き抜けず、点が止まっています。

直線とは

直線とは「無限に長く続く」まっすぐな線のことです。
直線の意味

2点A、Bを通る直線のことを直線ABと書きます。

半直線とは

半直線とは「片側のみが無限に長く続く」まっすぐな線のことです。
半直線とアルファベットの順番

AからスタートしてBを通り無限に続く半直線のことを半直線ABと書きます。
BからスタートしてAを通り無限に続く半直線のことを半直線BAと書きます。

線分や直線の場合はABと書いてもBAと書いても同じですが、半直線の場合は順番も大事です。半直線ABと半直線BAを混同してしまわないように「スタート地点を先に書く」と覚えましょう。

ただし、半直線は線分や直線と比べてあまり登場しません。

線分と直線の違い

線分直線の違いはしっかり理解しましょう。

線分は端で止まっています。
直線は無限に長く続きます。
言葉の使い分けに注意が必要です。

例えば、三角形の辺は端で止まっているので、直線ではなく線分です。

正しい言い方.
三角形ABCの3辺は、線分AB、線分BC、線分CA

間違っている言い方.
三角形ABCの3辺は、直線AB、直線BC、直線CA

他にも直線ではなく線分という言葉を使うべき例はたくさんあります。

正しい言い方.
線分ABの垂直二等分線を作図する。

間違っている言い方.
直線ABの垂直二等分線を作図する。

逆に、線分ではなく直線という言葉を使うべき場合もあります。

正しい言い方.
直線ABと直線CDは平行である。
(交わらない2つの直線のことを「平行」と言います)

意味は分かるけど間違っている言い方.
線分ABと線分CDは平行である。

線分、直線、半直線の理解は大事

線分直線半直線はどれも「まっすぐな線」なので、違いをきちんと理解していなくても、問題を解くときに困ることはほとんどありません。

ただし、記述式の問題や証明の際に、線分直線半直線の言葉の使い方が間違っていると、採点者に良くない印象を与えてしまうことがあります。特に、
線分直線の違い
半直線AB半直線BAの違い
は間違えやすいので、しっかり理解しておきましょう。

次回は 円周の長さの求め方と例題 を解説します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ページ上部へ戻る