1ニュートンは何キログラム重なのか解説

1ニュートンは、およそ $0.102$ キログラム重

ニュートンとキログラム重について解説します。

1ニュートンとは

「ニュートン」は力の大きさの単位です。

1ニュートンは、質量 $1\:\mathrm{kg}$ の物体に、加速度 $1\:\mathrm{m/s^2}$ を生じさせるような力の大きさです。

上記は「1ニュートン」の正しい定義ですが、実際にどれくらいの大きさの力なのか、イメージしにくいですよね。

1キログラム重とは

1キログラムの物体を支えるのに必要な力を1キログラム重と言います。

「キログラム」は重さの単位ですが、「キログラム重」は力の大きさの単位です。

「1ニュートン」よりも「1キロの物体を支える力」の方が、具体的にイメージしやすいです。

1ニュートンは何キログラム重か?

地球上での重力加速度はおよそ $9.8\:\mathrm{m/s^2}$ です。

つまり、$1\:\mathrm{kg}$ の物体には約 $9.8$ ニュートンの重力がかかっています。

よって、
$1\:\mathrm{kg}$ の物体を支えるためには $9.8$ ニュートン必要
→ $1$ ニュートンで支えられるのは、およそ
$1\div 9.8\fallingdotseq 0.102\:\mathrm{kg}$
となります。

つまり、1ニュートンは、およそ $0.102$ キログラム重 です。

注意点:重力加速度の大きさ

重力の大きさ(重力加速度)は場所によって異なります。

例えば、
・高い山の山頂は、低い場所よりも重力の大きさは小さいです。
・惑星によって、重力の大きさは異なります。例えば、木星では重力の大きさが地球の $2$ 倍以上です。

つまり、1ニュートンが何キログラム重なのかは、重力加速度によるので、厳密には場所によって異なります。

まとめ

・1ニュートンはおよそ $0.102$ キログラム重。つまり、$102$ グラムの物体を支えるのに必要な力。

・「1ニュートン」よりも「1キログラム重」の方が力の大きさをイメージしやすいが、「1キログラム重」という単位は場所によって微妙に異なるので注意が必要。

次:ベクトルの外積(定義、意味、微分の公式)
前:有効数字の意味と足し算やかけ算の計算

スポンサーリンク

スポンサーリンク

誤植がございましたら @mathwordsnet までご連絡をお願いいたします。
ページ上部へ戻る