速さと速度の違いと例

速さと速度について解説します。

速さと速度

速さは、スピード(ある時間の間にどれくらい移動するか)を表す量です。

速さは「$0$ 以上の数字」です。

速度は、スピード(ある時間の間にどれくらい移動するか)と移動の向きを表す量です。

速度は、東向きに $30\:\mathrm{km}/\mathrm{h}$ のように、基本的には「$0$ 以上の数字」と「向き」からなります。速度はベクトル(向きと大きさを矢印で表現したもの)で表すことができます。

具体例

速さの例です。

$30\:\mathrm{km}/\mathrm{h}$
→ 一時間に $30\:\mathrm{km}$ のスピード、という情報。

速度の例です。

東向きに $30\:\mathrm{km}/\mathrm{h}$
→ 一時間に $30\:\mathrm{km}$ のスピードで、東向きに進む、という2つの情報。

西向きに $30\:\mathrm{km}/\mathrm{h}$
→ 一時間に $30\:\mathrm{km}$ のスピードで、西向きに進む、という2つの情報。

速度と符号

速度は軸の向きを決めることで、マイナスを含めた1つの数字で表現することができます。例えば「東向きを正の向きとする」という約束のもとで、

・東向きに $30\:\mathrm{km}/\mathrm{h}$ という速度は $+30\:\mathrm{km}/\mathrm{h}$
・西向きに $30\:\mathrm{km}/\mathrm{h}$ という速度は $-30\:\mathrm{km}/\mathrm{h}$
と表現できます。

つまり、速さは必ず $0$ 以上ですが(軸を決めたもとで)速度は負の数になることもあります。

次:ベクトルの足し算(図の場合、成分の場合)
前:三次方程式の解と係数の関係と頻出問題

スポンサーリンク

スポンサーリンク

誤植がございましたら @mathwordsnet までご連絡をお願いいたします。
ページ上部へ戻る