防御率の計算ツールと計算方法

最終更新日 2019/03/31

野球の防御率を計算するツールと、計算方法を紹介します。

防御率計算ツール

防御率を計算するツールです。投球回数自責点を入力してから「防御率を計算する」ボタンを押してください。
投球回数
回と


自責点

防御率は
(草野球の場合の)防御率は

防御率とは

防御率とは、そのピッチャーが1試合全て投げたら、大体何点くらい取られるか?を表す指標です。

例えば、防御率 3.00 のピッチャーが1試合全て投げきると、平均的に3点くらい取られるという意味です。

防御率が大きいほどたくさん点を取られるので良くない投手、防御率が小さいほどあまり点を取られない良い投手、と言えます。

防御率の計算式

防御率は、
自責点×9÷投球回数
という式で計算できます。

自責点とは「投手が責任を負うべき失点」です。エラーによる失点などは除きます。自責点が多いほど、防御率が大きくなります。
参考:野球経験者でも知らない自責点の知識

投球回数(投球イニング数)は「アウトを取った数÷3」と言うこともできます。投球回数が多いほど防御率が小さくなります。

イニング数が7の場合の計算式

草野球など、イニング数が9ではなく7の場合は、
自責点×9÷投球回数
ではなく
自責点×7÷投球回数
という式で防御率を計算する場合があります。

防御率の目安

防御率 1.5 以下:
超優秀な投手です。歴代の日本記録のランキングに入るレベルです。
参考:歴代最高記録(防御率)

防御率 3:
平均的に「3イニングに1失点取られる」ようなそこそこの投手です。

防御率 4.5
平均的に「2イニングに1失点取られる」ようなイマイチな投手です。

次回は ご飯とお米の重さの換算方法と便利ツール を解説します。

ページ上部へ戻る