速さ、時間、距離を計算する公式の使い方と覚え方

速さ=距離÷時間
時間=距離÷速さ
距離=速さ×時間

速さ、時間、距離の関係

速さを求める

速さを求めたいときには、
速さ=距離 $\div$ 時間
という公式を使います。

例えば、距離 $30\:\mathrm{km}$ の道のりを、$3$ 時間かけて進んだときの速さは、

距離 $\div$ 時間
$=30\div 3=10$
つまり、時速 $10\:\mathrm{km}$ です。

公式を忘れても、はじきの図で求めたいものを隠すことで、計算方法が分かります。
速さを求める場合

速さを求めたい場合、速さを隠すと、
距離 $\div$ 時間
という公式が得られます。

時間を求める

時間を求めたいときには、
時間=距離 $\div$ 速さ
という公式を使います。

例えば、距離 $30\:\mathrm{km}$ の道のりを、時速 $5\:\mathrm{km}$ で進んだときにかかる時間は、

距離 $\div$ 速さ
$=30\div 5=6$
つまり、$6$ 時間です。

公式を忘れても、はじきの図で求めたいものを隠すことで、計算方法が分かります。
時間を求める場合

時間を求めたい場合、時間を隠すと、
距離 $\div$ 速さ
という公式が得られます。

距離を求める

距離を求めたいときには、
距離=速さ $\times$ 時間
という公式を使います。

例えば、時速 $4\:\mathrm{km}$ の速さで $2$ 時間進んだときに進める距離は、

速さ $\times$ 時間
$=4\times 2=8$
つまり、進める距離は、$8\:\mathrm{km}$ です。

公式を忘れても、はじきの図で求めたいものを隠すことで、計算方法が分かります。
距離を求める場合

距離を求めたい場合、距離を隠すと、
速さ $\times$ 時間
という公式が得られます。

公式の覚え方

はじきの法則

・「はじきの図」さえ覚えてしまえば、あとは「求めたいものを隠す」ことで、公式を作ることができます。

・図を覚えるときには、「はじき」または「のしたにげたいさん」と覚えるのが忘れにくいです。

次:分配法則の意味と図を使った説明
前:連比を計算する2通りの方法と例題

スポンサーリンク

スポンサーリンク

誤植がございましたら @mathwordsnet までご連絡をお願いいたします。
ページ上部へ戻る