円高・円安の意味、例、覚え方

円高とは、
・円の価値が上がること
・例えば、$1$ ドル $100$ 円 → $1$ ドル $80$ 円という変化は円高
・海外旅行に行くとお得

円安とは、
・円の価値が下がること
・例えば、$1$ ドル $100$ 円 → $1$ ドル $120$ 円という変化は円安
・海外旅行は割高になる

円高とは

円高とは「円の価値が上がること」です。

$1$ ドル $100$ 円から $1$ ドル $80$ 円に変化した状況は、円高か?円安か?

$1$ 万円持っているとしましょう。
変化前は、$10000\div 100=100$ ドルの価値があります。
変化後は、$10000\div 80=125$ ドルもの価値があります。

つまり、同じ $1$ 万円でも変化後の方がたくさんのドルに換算できますね!

これは「円の価値が上がっている」と言えるので、円高です。

逆に、相対的に「ドルの価値が下がっている」とも言えるので、ドル安とも言えます。これらの状況を合わせて表現するために円高ドル安という言葉を使うこともあります。

同じ $1$ 万円でも海外でたくさんの買い物ができるので、円高のときに海外旅行に行けばお得です。

円安とは

円安とは「円の価値が下がること」です。

$1$ ドル $100$ 円から $1$ ドル $120$ 円に変化した状況は、円高か?円安か?

$1$ 万円持っているとしましょう。
変化前は、$10000\div 100=100$ ドルの価値があります。
変化後は、$10000\div 120\fallingdotseq 83$ ドルの価値しかありません。

これは「円の価値が下がっている」と言えるので、円安です。

逆に、相対的に「ドルの価値が上がっている」とも言えるので、ドル高とも言えます。これらの状況を合わせて表現するために円安ドル高という言葉を使うこともあります。

同じ $1$ 万円でも海外ではあまり買い物ができないので、円安のときに海外旅行に行くのは損です。

覚え方

$100$ から $80$ に下がっている→安い→円安だ、と考えてはいけません。あくまで円の価値が高くなっているかどうかを考える必要があります。

ただし、毎回円の価値が高くなったかどうかを考えるのはめんどうなので、

$1$ ドル=○○円
の数字○○が減ったら円高
数字○○が増えたら円安

(直感と逆かもしれないですが)

と覚えるとよいでしょう。

次:累進課税での所得税額と税率の目安
前:割引後の値段の計算方法

スポンサーリンク

スポンサーリンク

誤植がございましたら @mathwordsnet までご連絡をお願いいたします。
ページ上部へ戻る